2015年10月19日

観艦式

お誘いいただいて平成27年度自衛隊観艦式にいってきました

DSCF7792.png
今回乗せてもらう「ちはや」
全長は短めですがDSRVとその付随施設を安定して運用するため艦幅は結構あります
つまりデb・・・おっと
「ちはや」は戦闘のための艦ではなくトラブルや損傷で浮上できなくなった潜水艦などを救援するための艦でそのための機材を装備しています
また災害派遣時などに活躍する医療支援能力も強化されているとのこと
後方支援型ですね
DSCF7830.png

DSCF7991.png
DSCF7835.png
DSRVのしっぽとハンガー
DSRV下に海水の入った層があってそこに降ろしたらそのまま艦底を開いて発進できるらしい
すごい

DSCF7994.png
DSCF7998.png
ROV
ステンシルがイカす

DSCF8031.png
DSCF8034.png
艦橋
バウ・スタンスラスターと左右スクリューのピッチ?と回転数かな

横浜新港から出て南下を始めると横須賀や木更津などから続々と艦が集結してきます
PA185257.png
「ちょうかい」と「きりしま」
PA185241.png
PA185246.png
「きりしま」は主砲を西に向けていますが早速の実働展示中?
なお「ちはや」には砲がないので実働展示的なものはありませんでした・・・・・・

PA185250.png
DSCF7833.png
しばらく「あすか」に続行します
トイレついでに艦橋の見学

PA185266.png
DSCF7861.png
「くらま」に安倍ちゃんが降りたとアナウンスがあった後に
右側から「くらま」が隊列に入ってきて
出港して適当に並んでた序列を組みなおしはじめる
左から「しらゆき」があがってきて定位置の「ちはや」の前に
北から強い風が吹いていて外洋はかなりうねりがあったので
比較的小さい「しらゆき」はかなりピッチングしてて乗ってる人が大変そうな感じ
以後ずっと「しらゆき」の尻をおいかけることに

PA185274.png
なんかやや靄のある水平線からでかいのが近づいてきました
まさかの米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン」!
いや、「てるづき」が先導してるし自衛隊側はは知ってたんだろうけどパンフの参加艦艇には書かれていないのでびっくり
PA185293.png
かなり遠くて白く霞んでたのでもうちょっと寄ってほしかったよね

PA185277.png
レーガンと並行する形で受閲艦艇部隊が近づいてきました

PA185298.png
「あたご」
この逆光になっちゃう列の組み方はずっとこうらしいんだけど
なんとかならないんですかね・・・・・・

PA185312.png
PA185309.png
「いずも」も結構ピッチングしています
「しらね」が好きな自分にとっては「いずも」の就役は「しらね」の退役だったのでなんとも複雑です
今回の観閲艦を務める「くらま」も「かが」がくると押し出される形でのさようならとなってしまうのでなんとも言えません

PA185350.png
小さくて速くてかっこいいはやぶさ型の「おおたか」
うねりのある日は大変そうです

DSCF7922.png
最後尾の外国艦艇が通過しターンして反航する「くらま」
背負い砲塔とかオフセットされたMACとか真ん中に集めすぎな上構とか
なんとへんてこかっこいいシルエット

PA185424.png
「ちはや」もターンに入り振りかえると「ちょうかい」の後ろにいつの間にやら「あたご」「ましゅう」が
(「あたご」は「ちょうかい」の真後ろで見えない。艦橋がでかすぎるんだよ)
DSCF7933.png
ターン中の前方「むらさめ」「くらま」「うらが」「てんりゅう」「しらゆき」
DSCF7928.png
後方「ちょうかい」「あたご」「ましゅう」

PA185445.png
「しらゆき」のハンガーになんかプレハブみたいなものが見えますが・・・・・・
「てんりゅう」の後甲板に訓練標的が見えていますね

DSCF7943.png
「きりさめ」「さみだれ」「おおなみ」による戦術運動
DSCF7968.png
P-1のフレアー射出
PA185471.png
ブルーインパルスの飛行展示
航空機は自分の機材だと追うのが難しい上に揺れまくる状態で
あきらめて見てたのであんまり写真がありません

DSCF7982.png
全演目終了で帰途に着く艦隊
右に先ほど運動展示した3隻がいつのまにか並んでいる
これだけ居てもまだまだ一部でしかない
壮観

DSCF8012.png
横須賀方面へと分離していく「さみだれ」
おつかれさまでした

DSCF8047.png
着岸しどんどん人が降りて行くなかで艦橋ウイングの66cm測距儀を(勝手に)弄らせてもらって
どんなものかは知っていたけど実際に操作してみてどう見えるかを体験できたのはとても良かった
最後まで粘って艦を降りておしまい
「ちはや」乗組員の皆様ありがとうございました

一生の思い出になる貴重な体験でしたね
posted by 六羽田トモエ at 19:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。